わたしは小学校の時から国語が好きで国語の方面が取り得になりました。

私の醍醐味は漢字だ。
あたしは小学校の頃から国語が好きで国語のプランが特徴になりました。
国語にはたくさんの漢字が出てきます。
自分の知らない漢字を知っていくうちに楽しくなってきて漢字も好きになっていきました。
その気持ちは中学生、高校生という学年が上がっていくにつれ、大きくなっていきました。
高校の時には漢字検定を受けました。
もとから漢字がマニアだったので検定も面白く受けれました。
高校生二年生の時に漢字検定の3級って準2級を受けました。
とも1回で満足できてどうしても嬉しかったです。
以後、2級も受けたのですがあと10こと足りずに落ちてしまいました。
頑張って勉強した分、あと10こと足りずに落ちてしまったことが全く力抜けでした。
その悔しさをバネに苦手な部門を徹底的に育成しました。
それからデラックス満足できました。思い切り嬉しかったです。
またTVのクイズ番組などで蔓延る漢字クイズを説くのも好きです。
難読漢字を読んだり、書いたりするのがどうしても楽しくて楽しいだ。
また自分の知らない知覚も知れるのでおかしいだ。おすすめはこちら!

得意なことはカット献立だ。

得意なことは減額食べ物だ。
人参の皮できんぴらを作ったり、
部門除外した野菜屑をみじん切りとして
冷凍しておいて、
オムライスなどに使ったりする。

また、スイカの皮でピクルスや、漬け物を作ります。
ざっと項目0円ですし、ゴミも鎮まるのでエコだ。

食物を腐らすのも甚だしく引け目があって嫌なので、
なるべく使い切るようにしています。
餃子の皮とかそれほど余してしまうので、
つぎの太陽麻婆春雨を多めに作って、
餃子の皮にくるんで油であげて、
春巻もどきを作り、お弁当の惣菜にしたり、
皮をひし形に切ってカリッという油で揚げ、
塩焼ソバや、サラダの上にかけたりする。

ミントや、バジルは買うと大きいので、
観葉植物移り変わりに院内で育ててある。
いる時に間もなくちぎれるし、
ほっといても大きく育つので便利です。

食物だけでなく、
キッチン記録なども、節約します。
揚げ物の時は下に新聞紙をひいたり、
フライパンに油をしくときも、ティッシュで伸ばしたりする。

気体代金も減らしたいので、火は早目に消して、
予熱で消息筋まで火を通します。

光熱費も食物もライフ機具も調整次第で減額できるので、
連日考えながら料理をするのは興味深いだ。おすすめはこちら!