わたしは小学校の時から国語が好きで国語の方面が取り得になりました。

私の醍醐味は漢字だ。
あたしは小学校の頃から国語が好きで国語のプランが特徴になりました。
国語にはたくさんの漢字が出てきます。
自分の知らない漢字を知っていくうちに楽しくなってきて漢字も好きになっていきました。
その気持ちは中学生、高校生という学年が上がっていくにつれ、大きくなっていきました。
高校の時には漢字検定を受けました。
もとから漢字がマニアだったので検定も面白く受けれました。
高校生二年生の時に漢字検定の3級って準2級を受けました。
とも1回で満足できてどうしても嬉しかったです。
以後、2級も受けたのですがあと10こと足りずに落ちてしまいました。
頑張って勉強した分、あと10こと足りずに落ちてしまったことが全く力抜けでした。
その悔しさをバネに苦手な部門を徹底的に育成しました。
それからデラックス満足できました。思い切り嬉しかったです。
またTVのクイズ番組などで蔓延る漢字クイズを説くのも好きです。
難読漢字を読んだり、書いたりするのがどうしても楽しくて楽しいだ。
また自分の知らない知覚も知れるのでおかしいだ。おすすめはこちら!